ふくらはぎを細くする方法

ふくらはぎ太りの様々な原因

スポンサードリンク

ふくらはぎ痩せを目指す方も多いですが、ふくらはぎ痩せを諦めてしまっている方も大勢いるようです。それは、どうしてふくらはぎが太く見えるのかが解明できていないことがネックとなっているのです。原因がわからなければ、痩せさせることもできはしないでしょう。単にその部分に脂肪がついているから、ふくらはぎが太く見えるという話ではありません。

どのような要因でふくらはぎが太く見えるか分かっていなければ痩せさせることは困難ですので、まずは太い理由を模索してください。

食べ過ぎ

過剰な脂肪でふくらはぎが太くなっているタイプがあります。食べ過ぎが原因でふくらはぎが太くなっている事が多いようです。

筋肉がない

または、ふくらはぎの筋肉を鍛える機会が少ないために、脂肪が蓄積されていることがあります。筋肉がないために、その部分に脂肪がついてふくらはぎがますます太くなるという仕組みです。

筋肉の付きすぎ

ふくらはぎのまわりにたっぷりと筋肉がついているために、太さが強調されているという方も存在します。筋肉質なふくらはぎになっています。運動ではふくらはぎは太くなるばかりで、痩せるには筋肉を弱める必要があります。

むくみ

むくみで水太りするタイプもあります。むくみやすい人や冷え性の人は、なりやすい傾向があります。むくみが原因のタイプの人にはセルライトが多いようです。セルライトを改善しない限りはふくらはぎは痩せません。

O脚

O脚気味の人は、その影響がふくらはぎに出ていることがあります。脚が外側に開いていると、ふくらはぎが太くなるようです。ふくらはぎの太い理由を解明しなければ、ふくらはぎが痩せる方策を見つけ出すことはできないのです。

ふくらはぎを細くする方法

私のまわりにも、全身の血流を改善し脂肪を代謝しやすくするストレッチで、ふくらはぎを痩せさせ、引き締まった足首になろうと目論んでいる方は多いようです。

ふくらはぎ痩せストレッチ

ふくらはぎ痩せストレッチでは、直立姿勢で片足を20センチほど前に出し、つま先を浮かせる姿勢を取ります。つま先を浮かせたまま、上半身をゆっくりと倒していきます。この姿勢をするとふくらはぎがピンと伸びるので、10秒数え、足を左右変えます。

ふくらはぎストレッチは、特に立った姿勢で長時間いることが多いという方が、直前と直後に取り組むといいでしょう。ただし、ふくらはぎストレッチは、2、3日でふくらはぎが痩せるわけではありません。長期間継続して、ストレッチをしてこそ徐々にふくらはぎが痩せる効果が現れるものなので、諦めずに続けましょう。

ふくらはぎ痩せマッサージ

ふくらはぎの血の巡りを良くしてむくみをなくすには、ふくらはぎを念入りにマッサージすることもいいでしょう。ふくらはぎ痩せのマッサージは、難しく考えなくても大丈夫です。むくみ除去、血行促進には、とにかくふくらはぎにマッサージを施せばいいのです。

何となくでやっていても、ふくらはぎが楽になるマッサージは見つかります。マッサージをして、ふくらはぎが熱を持つ様になれば、痩せる効果が出てきているといえます。キュッとくびれたふくらはぎになるためにも、リラックス効果も兼ねたふくらはぎマッサージでふくらはぎ痩せを達成してください。

効率的にふくらはぎを細くする方法

「いろいろやっているんだけど、なかなか細くならないのよね〜」というお悩みがおおいようです。効率的にふくらはぎを細くする方法はどういったものでしょう。ふくらはぎが余分な脂肪の為に太くなっている場合があります。脂肪が原因の場合は、ふくらはぎの筋肉を鍛えて痩せさせる筋力トレーニングが効果的です。

ふくらはぎは本来、他の部分に比べて筋肉が付き痩せやすい部分です。ふくらはぎは歩くだけでも鍛えられ、特に筋力トレーニングを課さなくても、自然と筋肉がつき痩せるものです。

体質的に筋肉が増えづらい方は?

体質的に筋肉が増えづらい方や運動をほとんどしないという方は、ふくらはぎを鍛える運動やトレーニングにまずは取り組んでみましょう。

ふくらはぎに蓄積されている脂肪を燃やすには、代謝をアップさせる必要があります。そのために必要なのが運動によって増やせるふくらはぎの筋肉です。

手軽なふくらはぎの筋トレには、かかとを上げてふくらはぎの筋肉に負荷をかけるという方法があります。立ち仕事をしている時や食器洗いをしている最中など、1セット20回を目安にかかとの上げ下ろしをすると運動になります。

より筋肉を鍛えたいと思われる方は、片足でかかとの上げ下げをすると運動効果がより高くなるでしょう。ふくらはぎにかかる負荷が両足に比べて大きくなるので、慣れる迄は無理をしないようにしましょう。

ふくらはぎの運動になる動作は、この他にも色々あります。椅子に座って片足を持ち上げ、足首を片手で、もう片手でつまさきを握ります。足首を片手で固定し、つまさきをを掴む手を動かして足全体を右に30回まわし、反対の足も同様に回すという運動です。体操による痩せ方は入浴後、ふくらはぎの筋肉がリラックスしている時に、毎日の習慣として続けることで効果が期待できます。

メニュー

簡単ダイエット法

簡単に分かる減量の基本

【特集】足やせの基本とダイエット法